淡路プラッツ

特定非営利活動法人青少年自立支援施設

スタッフ紹介・ブログ

HOME

1月 | 2017 | プラッツからのメッセージ

お雑に

安原 彩子

2017年すっかり明けました。今年もよろしくお願い致します。

年末年始。皆さんそれぞれの過ごし方、感じ方があると思いますが、どう過ごされたでしょうか?私はよく食べ、よく飲み、のんびり過ごしました。私は日本のお正月が好きです。紅白も、お雑煮も、初詣も、寒くて凛とした感じも。あと、なんと言っても休みが多い!メキシコでは31日の昼まで働いて3日からまた仕事…。(会社によっては2日から。)飲んで騒いで「フェリス・アニョ・ヌエボ!!(明けましておめでとう)」と新年を迎え、二日酔いを醒ます元旦を過ごして終わるお正月。でも、クリスマスは続いているんです!カトリックのメキシコでは東方の三賢者が生まれたばかりのイエスを訪ねたといわれる1月6日までクリスマスを祝います。この日にプレゼントを渡す伝統的な家庭もあります。会社ではロスカというドーナツ型の大きなパンをみんなで切り分けて食べます。が、自分が食べた部分に小さい男の子の人形が入っていたら2月にタマーレス(トウモロコシの肉まん?)をみんなにご馳走しないといけないのでパンを選ぶのも真剣です。クリスマスは24日午後から25日まで休みですが、12月半ばから1月6日まで街中クリスマス。ツリーも飾ったままなので、クリスマスにおまけでお正月がついてくる感じ?クリスマスにお正月が合体している感じ?日本のクリスマスも良いですがメキシコのクリスマスが私は好きです。台湾やベトナムでは旧暦でお正月を盛大に祝うので1月1日は特になにもしないと聞いたり、キューバは元旦が解放記念日なのでW祝日だったり。それはそれでいいなと思います。

日本のお正月と言えば、お雑煮も大好きです。私の家のお雑煮はおすましで、ぶりやユリ根が入っていて美味しい!でも、大阪の人に聞くと白みそで大根や人参が入っていて美味しい!と。同じ日本のお正月に食べるお雑煮が関西風、関東風と違う。さらに同じ地域でも家によって違うお雑煮に無限大の可能性を感じてしまいます。

 

「共生社会∞」

最近は、“自分の国が1番!”ということをよく耳にしますが、1番以外はナシ(排除)っていうのは人生損をするなと思います。自分の文化、価値観を大切に相手の文化、価値観も尊重して共生する世界、社会、家庭が大切だな。と、まさに居場所はそんな共生社会。今まで自分だけ、家庭だけの文化からまったく違う文化を持ったメンバーのいる居場所に放されて過ごすうちに自分の文化を相手に強制するのではなく、それぞれの文化を持ち寄り合いながら、出したり引いたり合体させながら無限大に広がって共生文化ができてくる。それはまるでお雑に。プラッツ風。そしてそこからまた新たに遭遇する文化と共生していくことの繰り返し。そうやって人も社会も発展してきたのかなと思うと同時に、お雑煮も紆余曲折しながら進化を遂げてきたのかなと。2017年初日の居場所でのお雑煮トークで思いをはせるのでした。

カテゴリー: スタッフエッセイ

タグ: