淡路プラッツ

特定非営利活動法人青少年自立支援施設

スタッフ紹介・ブログ

HOME

親の会 | プラッツからのメッセージ

親にとっても“居場所”?

淡路プラッツは設立21年目となり、当時から続いている“親の会”があります。人数の増減はあれど脈々と続いていることへの畏敬と、変わらず必要とされている状況に心苦しい思いもします。ただ、必要とされる方がいらっしゃる限り、続いていくことを望んでいます。そこは、確実に“親の居場所”となっています。

私は主に、面談を担当させていただいています。なので、若者に関わるよりも、実は親ごさんとの関わりの方が多いです。そこで、私なりに、プラッツが親ごさんにとっての“居場所”になるとはどういうことか…について書いてみたいと思います。

プラッツのメニューでは、親ごさん向けのものは、“面談”“講座”“親の会”とお伝えしています。そこに“居場所”とは出てきません。が、それらをひっくるめて、“親にとっての居場所”となります。

“面談”は、ご家族内のことを個別にお伺いして、お話をお聴きしながら、例えば家庭内での声掛けの仕方や、若者について今後の方針を決めていくものです。その経過のなかで、子どもさんのことでご相談に来られていたはずの親ごさんが、気が付けばご自身のことをお話される場合もあります。「あの時、実は自分はこう思っていたんです…。」「私がああしなかったのは、きっとこういう思いがあったからなのかな…。」など、決して反省と後悔とご自身に対する責めだけではなく、さらにその裏にある思いを語られることもあります。そして、個別の空間なので、ご家族の事情もお話されます。つまり、気兼ねなく何を話してもいい場であり、個々の気づきがあり、それらを元に方針を一緒に決めていく場です。

“講座”は、一般的な概論も含め、ひきこもり・ニート・不登校について勉強することで、親ごさん自身に、客観的に現状を見つめていただけるように…と行っています。日常の中で、若者に対して感情的になってしまったりすることは、自然で当たり前なことだと思います。ご家族なのですから。ただ、時に状況を客観的に見ることで、本当に若者が望んでいるであろうことを捉える・現状をできるだけ感情的にならずに捉えるなどができ、講座はそれを行うきっかけとなります。

“親の会”は、その名の通り、親ごさんが集まって、親ごさん同士で状況や情報を共有する場です。そこでは、面談では語られないことも出てきます。もちろん個々で背景や状況は違えど、“同じ親であること”で共有できることの大きさが、そこにあります。淡路プラッツでは、現在はスタッフが最初と最後に挨拶させていただくのみで、会の中心は親ごさんのみでお話しいただいています。時に、スタッフがいることで、かえって流れを遮ってしまうこともあるからです。そこでは、面談とはまた違った角度での気づきがあります。

以上、3つのメニューを簡単にご説明しましたが、それぞれ特徴もあり、共通点もあります。それが“気づく”ことと“他者に受け止められる”ことです。もちろんそれだけでは進まないので、こちらとしては、具体的なアドバイス・方向性・目標を定めていくこと、場合によっては、より適した他機関をご紹介することもあります。ですが、まずは親ごさん自身が、気づきと第3者に受けとめてもらう経験のもと、肩の荷を少しおろしてもらう。少しだけほっとしてもらう。そして、家に帰って若者と関わってもらう…。そうすることで、声掛け1つとっても、言葉じりではなくニュアンスが違ってきます。そうすると、若者への届き方が変わってきます。その循環で、家族間のコミュニケーションが変化していくこと…を目標に、親ごさんと関わらせていただいています。

そう簡単にはいかないものです。特効薬もありません。なので、親ごさんにも根気が必要とされます。でも、おひとりで、もしくはご家族間のみでは、息詰ってしまうと思います。その時に、気兼ねしなくていい、第3者に話せる“居場所”を、持っておいていただけたらと思います。

浅井紀久子

カテゴリー: スタッフエッセイ

タグ:


淡路プラッツは『親の居場所』『若者の居場所』

一般的にひきこもり支援をトンネルに例えると、“入口—真ん中—出口”とあり、入口は本人への訪問やアプローチを含む「アウトリーチ支援」、真ん中は居場所やボランティア活動など若者本人が関わる「生活支援」、出口は体験や実習など実際に自立や就労に取り組む「就労支援」となります。

プラッツも同様に“入口—真ん中—出口”という流れで「スモールステップ型の伴走支援」を行っており、各段階に応じてより深く、長く関わる独自の特徴を持っています。

特にトンネルの真ん中部分は見えにくく時間のかかるものですが、今も昔も変わらずプラッツはそのド真ん中の『居場所支援』に重点を置いています。そこではメンバー・スタッフが渾然一体となりながら、時にまったりボチボチと、時に真剣マジモードで、一緒に“遊び”“泣き笑い”“関わりあって”います。
その中で若者たちは「返事が一言から二言になった」、「目が合うようになった」、「笑顔が増えた」など、目に見えにくく分かりにくいものですが、でも確実に経験とともに“自信の基盤”を身につけていきます。

それは逆に言えば、『居場所支援』を通して他者と関わる機会を設ければ、着実に社会性や精神的な自立を身につけることができるということであり、実際スタッフや親御さんはそんな彼らのステップアップを目の当たりにしながらその事を実感していきます。
時間はかかりますが、その過程で若者たちは自分自身のことを知り、やがて“やりたいこと”ばかりではなく“やれること”へと取り組み始め、結果的にテーマは「社会参加から自立・就労」へと変化していきます。
そこで初めて、次の段階の「就労支援」へと移行していきます。

就労支援についてはまた別機会でお伝えするとして、このように『居場所支援』ではがっつりと若者に関わっていきますが、同様に「アウトリーチ支援」では親ごさんとの関わりを重要視しています。訪問に限らず関わり方をもう少し広義に捉え、特に親ごさんへのアプローチが届くように「面談・講座・親の会」の3つのメニューを“出会いのきっかけ”として周知しています。「困っている、誰かに相談しよう」という大きな決断と勇気ある第一歩を何とか次の二歩三歩先につなげ、その先にいる若者本人へつなげるためにまず『親の居場所』であること。それが変わらずプラッツが持ち続けてきた“プラッツらしさ”であり、これからも大事に繋げていきたい伝統だと感じています。

21年目に入り、ここにきてまた毎月の「親の会」の人数も増えてきており10名を超す回もあります。
盛況なのは喜ばしいことですが、それは同時にひきこもりを中心とする“子ども若者問題”が依然解決されることなく深刻化していることを示しています。
社会的にも、一家族的にも問題が深刻なのはわかっています。
わかっていても、それでもなお、親ごさんには笑っていて欲しい、そう思います。
それは「親が笑うことなく若者本人が笑うことはまずない」と感じているからです。
だからプラッツは、親ごさんが安心して話せて、涙の中にも時に笑顔があるような『親にとっての居場所』であることを願い活動しています。

以上、改めて『プラッツは若者本人の居場所であり、親ごさんにとっても居場所であり続けます』ということをお伝えする機会を頂きました。今後、毎月“ゆうほどう”にてスタッフがリレー形式でそれぞれの思いをお伝えしていきます。今後ともよろしくお願いします。

ゆうほどう2013年11月掲載
石田貴裕

カテゴリー: スタッフエッセイ

タグ: