スタッフ紹介・ブログOur Staff/Blog

未分類 | 淡路プラッツプラッツからのメッセージ

働く前に「ハタラク座談会」に出よう。

 

こんにちは、0歳から銭湯生活を推進している昭和スタッフ、宮武です。

 

 

さてプラッツでは「ハタラク座談会」なるものを年間5、6回開催しています。

 

2021年は5月からはじまりました。

 

これは、トライアルジョブを体験した若者を対象に、社会に出る準備をさらにちょっと進めようというものです。

➡トライアルジョブを紹介している記事はこちら

 

 

居場所に来はじめたばかりの若者の中には、「仕事」にまつわる話がタブーの場合があります。

 

「働くこと」。気にはなっているけれど、向き合いたくない!という感じでしょうか。

 

ですので、少し社会に出る心の芽が出てきた若者に「ハタラク座談会」を紹介します(もちろん希望性)。

 

タイトルにもズバリ「働く」という言葉が入っています。

 

ハタラクといっても、いろいろ気になりますよね。

 

●体力的に続かなかったらどうしょう。

●しんどくなったらどうしたらええん?

●コワい人、いたらどうしよう?

●挨拶ってどのタイミングでするん?

 

などなど、心のアンテナがたくさん立っている若者たちには、心配事もたくさんあります。

 

●そもそも、自分にあった仕事ってあるん?

●貯金ってどうやってするん?

●履歴書ってどうやって書くん?

●保険・年金・税金ってわからん。

 

など、具体的なことも知りたい(知りたくない気持ちもあったりする)……。

 

 

座談会には同じような気持ちの仲間が参加しているので、そんなモヤモヤを共有しながら進めます。

 

この「なんとなく共有しながら」というのが「ミソ」(これも昭和の言い回しか)。

 

この座談会に出たから、社会に出るのはバッチリ!になるというビッグステップになるわけではありませんが、現状から一歩、進むことができるのです。

 

ほのぼの、ほんわかと進めていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類


ひきこもりの若者が、居場所活動を経て「仕事」をしはじめる。

 

こんにちは、20年前から淡路プラッツ居場所で生息している宮武です。

 

淡路プラッツで居場所活動を体験したひきこもりの若者たちは、いつか出ていきます。

 

 

アルバイトをはじめたり、会社員になったり、その後は様々です。

またメンタル的にも私たちののサポートが必要でなくなっていきます。

 

 

 

居場所活動はさながら、社会に出ていくための充電期間のイメージですね。

 

本当に不思議なことですが、居場所で一定の期間を過ごすと次に進めるエネルギーが貯まり、「働いてもいいかな」という気になっていく若者が多いのです。

社会に出ることが恐怖以外の何物でもなかった若者たちが……。

 

 

その時に、プラッツでは大きく2種類の体験をしてもらいます。

 

ひとつめが「トライアルジョブ」といいます。

➡トライアルジョブ詳細はこちら

 

このアクションの目的は「働いている人の近くで過ごすこと、ちょっとお手伝いしながら」です。

 

プラッツは「歩みは小さいところから」がモットーなのです!

 

急な段差はみんな登りにくいですから。。。

 

塾のお掃除や八百屋さんのお手伝い、デイサービスのお手伝いなど、希望する若者とのマッチングを大切にしています。

 

ふたつめは「関係者からオファーされたバイト」です。

 

ご近所銭湯の深夜清掃、便利屋さん、子ども会館の事務作業、スーパーマーケット、淡路島のわかめ漁など、さまざまな事業所の方が、若者の一歩に協力してくださっています。

 

➡協力してくださる事業所様を募集中です!

 

プラッツの活動をご理解くださっている方々からいただくお仕事は、スタッフも十分に関わることができるため若者も安心して一歩踏み出すことができます。

 

このようなステップを経て、自分で職探しができるようになり、仕事を継続していけるようになるまでスタッフは伴走します。

カテゴリー: 未分類


ゲーム好き「モンハン」で交流。

 

こんにちは。居場所で座敷童といわれているスタッフの宮武です。

 

プラッツに通う若者たちは、過去にひきこもっていたり、今もコミュニケーションが苦手だったり、これから社会に出ていこうという青年たちです。

 

彼らが居場所で過ごす意味は、とにかく「コミュニケーションをすること」が大切なテーマになります。

 

人の話を聴けるか、自分も話せるか、話の内容や情報を自分も受け入れて、自分も人に受け入れられるか。

それには場数をこなしていくしかなく、プラッツの居場所はそういった訓練の場でもあります。

 

…ということで、まずは共通の話題や趣味から、一緒に過ごす時間を増やしていくことが大切なのです。

 

そこで「ゲーム」はみんなが関わりやすい共通の世界であります。

 

まあ様々なゲームがありますが、現在プラッツの最大公約数となるものは「モンハン(モンスターハンター)」です。

 

FやIのように既にモンハン世界の住人で一緒にに闘えるスタッフもいれば、モンハンをしたことのないスタッフ(もちろん私も)にとっても、見ているだけで新しい世界を知ることができていろいろ味わえます。

 

「かっこいい動き」「ぐっとくる形」「感動する音楽」を共有しながら……。

 

実はコロナが流行るまで、プラッツの居場所は「オンラインゲーム禁止」だったのです!

 

それは、せっかくみんなで顔を合わせて過ごせる時間を、オンラインで過ごす時間で費やすのはもったいなかったからですが、オンライン礼賛の現在ではそんな枠組み自体が変わらざるを得ませんでした。

 

 

みなさん、モンハンはやりますか?

 

最新版は、舞台も和風で、主人公(自分)やお供の犬(っぽい生き物)や猫(?)の見た目をかなりカスタマイズできるので、みんながどんな自分(主人公)を作ったのかを鑑賞できます。(居場所ボランティアのKさんはこの作業に5時間かかったそうです。。。)

 

 

さて、ある居場所メンバーの若者が自分の世界に、私のカスタマイズした(いや、させてもらった)犬を雇用(戦士なので雇用になる)してくれ、育成までしてくれています。

 

 

それがこちらが「ぷっくん」。

中華風の衣装(鎧?)を着せてもらってます。

右側は雇用主(主人公)の女性で、衣装が見応えあります。

その上、強いんですよ。

 

他の犬は全部、名前もかっこよくてカタカナの星の名前なんですが、私が空気を読まずにつけた「ぷっくん」。。。

 

完全に彼の世界では浮いてますが(笑)、受け入れてくれている彼の優しさが嬉しいです。

 

というわけで、「自分がカスタマイズした世界を見せ合うことができる、モンハン」。

 

しばらくは、居場所で盛り上がるコミュニケーションツールとして君臨するかもしれません。

 

 

先週の居場所活動はこちら

カテゴリー: ひきこもっている方へ 未分類 活動ブログ 淡路プラッツ 親ごさんへ


居場所活動、オンラインW回線モード突入!

 

こんにちは、居場所スタッフ宮武です。

淡路プラッツは大阪市にありますので、もちろん緊急事態宣言真っ只中での活動が始まっています。

 

ひきこもっていた若者が社会参加をめざす場所、それが淡路プラッツですので、来所する若者たちとの関わりを無くすわけにはいきません。

 

私は居場所活動は、顔を合わせてその場の空気感があってこそだと20年間来、信じてきました。

 

コロナ禍でやむえを得ず取り組みだしたオンライン居場所ですが、案外みんなと和やかに楽しく過ごすことができており、「オンライン居場所」も一定の地位を得たのでは(笑)と感じています。

 

何事も柔軟さが大切ですね。

 

ゲームから学べる「バランスの大切さ。。。笑」(右画像)

 

プラッツに通う若者たちとスタッフは、今までに過ごした年月で馴染みの蓄積がありますので、オンラインでの意外と充実した活動が可能なのかもしれませんね。

 

本日の活動の前半はお絵描き伝言ゲームで盛り上がり、後半はスチームというゲームサイトで遊ぶグループと、モンハン(モンスターハンター)で遊ぶグループに分かれました。

 

メインのWIFI以外でポケットWIFIを使っても、ラグが出るプラッツの回線事情。。。

 

「ラグを制する者が勝つ」

 

キャラが動かない少しの時間。その間のストーリーをイメージできる者が勝つ、という謎の名言が生まれました。

 

来週もほのぼのとオンライン活動です。

 

カテゴリー: スタッフエッセイ ひきこもっている方へ 未分類 活動ブログ 淡路プラッツ 親ごさんへ


オンライン居場所~おすすめ動画鑑賞会~

 

こんにちは、居場所スタッフの宮武です☆

 

コロナ波を乗り切りながら、オンライン居場所も定着してきました。

今日は何回目かの、参加者がおすすめする動画をみんなで観よう、という会です。

 

みんな、趣味はバラバラ、興味もばらばらなんだけど。

収監されている者が裏話をする、という設定のものや、指揮者がコメディアンのイギリスの動画、Vチューバー6人くらいでゲーム実況、MADムービーお気にいり、素潜り潜水の美動画などという散らばり具合。

 

だがしかし、

 

「こんなのすきなんか~☆意外」

「こんな世界あるんや~」

「おもろい~」

 

と、コミュニケーションのひとつになります。

 

ひたすら黙って動画を見て、あとでちょっぴり感想を言う。

 

居場所では、こんなソフトテイストな異文化交流が行われます。

 

誰かの興味にちょっと関心を持ってみると、

 

ちょっとずつ、世界が広がって豊かですね☆

 

カテゴリー: ひきこもっている方へ 未分類 活動ブログ 淡路プラッツ 親ごさんへ


ソフトボール大会

 

こんにちは、スタッフの平木です。

 

3月23日はソフトボール大会もあり、運動も頑張りましたよ。

 

 

予定が決まったのが遅かったので参加者は少数でしたが、精いっぱいやりきりました!

 

翌日はもちろんお約束の筋肉痛がご褒美でついてきますが・・・・。

 

そして勝敗は、問題じゃないのだ!ということにしておこう。

 

 

同日、屋内での居場所活動は「オンライン」。

 

みんな一緒にゲームができるというのをメンバーが設定してくれて(スタッフよりも頼もしい)、日ごろゲームをやったことがないスタッフも交えて楽しむことができました。

 

そんなこんなで、お出かけしたりオンラインで楽しんだり、いつものように居場所でまったりする日もあったりした2020年度の淡路プラッツも、3/26(金)で今年度は終了となりました。

 

 

一週間の休暇をはさんで、4/6(火)より居場所の再開となります。

 

 

 

カテゴリー: 未分類


ニフレルにふれる。

 

こんにちは、スタッフの平木です。

 

 

外出イベントでニフレルへ行きました。

 

コロナのこともあるので移動は窓を開けて飲食禁止での車移動。

 

 

花見シーズンなら駐車場に入れないこともある万博記念公園ですが、まだそこまで混雑もなく、スムーズに施設に入れて観覧もできました。

 

 

向こうに着いてから急遽「写真部をやろう」という発案があり、参加メンバーそれぞれに気になる動物の所で観察したり、写真を撮ったりしました。

 

スタッフの方が夢中になりすぎてメンバーに「そろそろみんな待ってますよ~」と声を掛けられる場面も(汗汗)。

 

プラッツに戻ってから、それぞれの写真のお披露目をしてお留守番したスタッフに説明や、土産話をしてくれました。

 

 

それぞれの写真がまた個性があって、見ごたえありました。

 

カテゴリー: 未分類


淡路島で「わかめ漁」アルバイトがはじまりました。

 

こんにちは、スタッフの平木です。

今月のニュースと言えば、淡路島に季節限定アルバイトに参加するメンバーと一緒に淡路島まで出かけたことが、まず浮かびます。

 

晴れた日で雲一つない旅行なら絶好の天気でした。

 

しかし、当のメンバーはこれから一か月の間初めて会う人たちと、初めての場所で生活を共にするという初めて尽くしの体験の前ですから、それどころではありませんよね。

 

その若者と、明石大橋を入れて記念撮影しようと誘いましたがしっかり断られてしまいました。

後で考えると、確かに「ですよね~」と思いました。

 

その上、現地についてスタッフが帰阪しようかという時間になると、空模様がどんよりとし始め、今にも雨が降りそうな天気になってくるではありませんか。

 

若者の心の内を代弁しているかのようでしたが、そこはあえてあっさりと「帰るね~」と声をかけ振り向かず帰りました。

 

もちろん心の中では「がんばれよ~、元気に過ごせますように」と祈っていました。

 

無事に一カ月、過ごせますように。。。!!!

 

 

カテゴリー: 未分類


2年越しで完成!メンバー自作。バスのぬいぐるみ。

 

こんにちは~。テシゴト担当の宮武です。

居場所のコロナ禍前には、居場所で「ギルド部」という手仕事をする部活がありました。

最近は、メンバーが多忙のためお休み中でしたが、Kくんがとうとう完成させました。

 

 

このぬいぐるみ制作は、

・自分が作りたいものを

・いちから考えて、

・設計図を描き

・材料も買いにいって

・ミシンをかけたり、手縫いをしたりしながら作った、

最初から仕上げまで、オール「自分」で作り上げたものです!

 

作者の若者はバスと電車に精通しており、

駅名が写っていない駅の写真で、駅名を当てるという交通マニアです。

 

そんな若者の、バス愛が詰まった作品。

触りごこちも、温かです。

企画して、0から作り上げる力。

 

Kくんのこれからの人生に、大いに発揮されたらいいな。

カテゴリー: ひきこもっている方へ 未分類 活動ブログ 淡路プラッツ 親ごさんへ


居場所の日常と、ふしぎ発見。

 

こんにちは!居場所でメンバーの若者に遊んでもらっている歴20年のスタッフ、宮武です。

 

居場所とは、いろんな「気持ち」がつながってエピソードになります。

それが情景になり、体験になる。

これが居場所の日常です。

 

旅行にいった青年が持ってきてくれた、風情のあるお土産。

お気に入りのぬいぐるみを披露してくれる青年。

テレビゲームをしていると、何となくみんな入ってきて数人で遊んでいたりと。

久しぶりに会う青年も。

 

なんとなく、誰かと関わっていると、周囲の話を聞いていると……。

話をしたり、笑ったりしてると……。

気がついたら来た時より元気になっていたりします。

 

実は、私がそうなんです(笑)!

 

不思議!

これは私が20年間、感じている摩訶不思議です。

 

それからみんなが来ると、それまでひんやりしていた部屋が暖かくなります。

プラッツの居場所名物、「人熱」です。

 

今日の居場所も、心も、体も、温かに過ごしました☆彡

 

この居場所を、応援してくれている人々が全国に居ます。

心より、感謝します!!!

 

 

 

 

 

カテゴリー: ひきこもっている方へ 未分類 活動ブログ 淡路プラッツ